編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

日本IBM、インキュベーションプログラムを自動車・ヘルスケア業界に拡大

NO BUDGET

2016-10-14 17:12

TechRepublic Japan関連記事

 日本IBMは、10月12日、国内スタートアップの事業育成を支援するインキュベーションプログラム「IBM BlueHub」の活動領域を自動車業界とヘルスケア業界に拡大すると発表した。両業界の大手企業とスタートアップ企業間の連携を進め、斬新なビジネスアイデアの実現とサービス拡大を促進していく。

 具体的には、自動車業界向けに「Open Innovation Initiative for Automotive」、ヘルスケア業界向けに「Open Innovation Initiative for Healthcare」というプログラムを展開していく。

 自動車業界では、自動運転社会に向けたビッグデータ解析とコグニティブ(認知型)コンピューティングの活用により生み出される新サービスをテーマとしている。参加する大手企業は、アルパイン、アルプス電気、ゼンリン、ゼンリンデータコム、ソフトバンク、東京海上日動火災保険。スタートアップ企業は、Arblet、WINフロンティア、エスディーテック、キューユー、スイッチスマイル、ZERO TO ONE、ハタプロ、Planetway Corporation。協力企業は、アプトポッド。

 ヘルスケア業界では、医療・介護・健康増進分野におけるビッグデータ解析とコグニティブコンピューティングの活用により生み出される新サービスをテーマとしている。参加する大手企業は、ソフトバンク、大東建託、武田薬品工業。スタートアップ企業は、Arblet、イサナドットネット、エルピクセル、QoLI、クオリア、Z-Works、ジーンクエスト、テクニコル、トラヴォス、一般社団法人プラス・ハンディキャップ、Planetway Corporation、PREVENT、メドケア、ユカイ工学。協力企業/団体として、埼玉県さいたま市、埼玉県秩父郡横瀬町、スイッチスマイル、ヘルスデータ・プラットフォームが参加する。

 両業界とも、すでにキックオフミーティングを済ませており、2016年内まで事業検討ワークショップを進める。DemoDay(事業発表会)は2016年12月7日を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]