編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

マイクロソフトの「PowerApps」と「Flow」、米国時間11月1日に一般公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-11-01 11:50

 Microsoftが、パワーユーザー向けの開発ツール「PowerApps」と「Flow」を米国時間11月1日に一般公開する。

 PowerAppsはコーディング不要のウェブおよびモバイルの業務アプリケーション構築ツールだ。FlowはIFTTT(If This Then That)に似たビジネスプロセス自動化ツールとなる。

 PowerAppsとFlowは「Dynamics 365」に含まれており、Dynamics 365の一部も11月1日に提供開始される。Dynamics 365の中核となる「共通データモデル」は当初、PowerAppsの一部だった。

 Microsoftは2015年11月にPowerAppsサービス(開発コード「Project Kratos」)を発表した。PowerAppsは、コードを書く知識のない企業ユーザーでもアプリを作成できるようにすることを目的としたものだ。

 Flowは2016年4月にイベント自動化サービスとして発表された。Microsoftは2015年、PowerAppsの「Logic Flows」機能のプライベートプレビューを発表していたが、Flowはこの機能に新しい名称をつけたものだ。技術的には、Flowのルーツは「Azure App Service」の「Logic Apps」コンポーネントにさかのぼる。

 1日のPowerAppsとFlowの正式リリースで、最新の機能を加えているとMicrosoftは述べている。

 今回のリリースで、PowerAppsに「Environments」というコンセプトが加わる。「Environmentsは、企業のビジネスデータ、アプリ、フローを保存、管理、共有できるスペースだ」とMicrosoftは述べている。また、管理者が集中的に環境を管理可能な「Admin Center」が提供されるほか、SaaSビジネスアプリ向けの「Microsoft AppSource」マーケットプレイスの組織ギャラリーにアプリを公開することも可能になる。

 Flowにも新しい機能が加わる。Environmentsで地域別またはチーム別にフローを保存できるようになる。新しい「Admin Center」は、データ損失防止(DLP)ポリシーを構築する機能などを追加している。


提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]