編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

デルのソフトウェア部門が売却完了--SonicWallは独立企業に

Asha McLean (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 編集部

2016-11-02 11:42

 プライベートエクイティファンドFrancisco PartnersとヘッジファンドElliott ManagementによるDellのソフトウェア部門の買収完了に伴い、Dell Technologiesのセキュリティソフトウェア部門の1つであるSonicWallは、Dell Technologiesから正式に分離して独立企業となった。

 同社の社長兼最高経営責任者(CEO)には、サイバーセキュリティとネットワーキングの業界では古参のBill Conner氏が任命された。Conner氏は、「現在は、サイバーセキュリティ軍拡競争のまっただ中にある」と述べ、今回の独立によって、SonicWallはさらに素早く、巧みにチャネルパートナーや顧客に対応できるようになるとしている。

 2016年6月にFrancisco PartnersとElliott ManagementによるDell Software Group(2016年第1四半期の営業利益は2800万ドル)の買収計画が発表された際、買収規模は20億ドル以上だと報じられたが、これにはSonicWallのほかにQuest Softwareも含まれている。

 SonicWallのオーストラリアおよびニュージーランドのゼネラルマネージャーを務めるSandeep Joshi氏は、SonicWallがDell傘下にあった時期について、Dellの名前は同社に「驚くべき」ブランド認知度をもたらし、営業チャネルでもエンタープライズ市場でも多大な恩恵を受けたと述べている。

 この買収計画は6月に発表されたが、3月にはDellがITサービス部門を約31億ドルでNTTに売却する計画も発表されていた。

 Dellは9月に670億ドル規模のEMC買収を完了し、ワンストップショップとしてあらゆる製品を提供できる、完全なITスタックを持つ企業となっている。

 DellはSonicWallを売却したが、セキュリティ事業から撤退したわけではない。同社は10月に開催したイベントDell EMC Worldでも、Dell Data Security Solutions、Mozy by Dell、RSA、VMware AirWatchの製品を組み合わせた、新たなエンドポイント向けセキュリティ・管理製品群を発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]