編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

Google Cloud Platform、東京リージョンの正式運用を開始

Tas Bindi (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-11-09 10:18

 Googleは11月8日、「Google Cloud Platform」(GCP)の新リージョンを東京に設置し、正式運用を開始したと発表した。この「東京GCPリージョン」(asia-northeast1)は、台湾の彰化県に設置されている「台湾GCPリージョン」(asia-east1)リージョンに次ぐ、アジア2番目のGCPリージョンだ。

 運用開始を発表するGoogleブログによると、東京GCPリージョンを利用することで日本各地の顧客は、台湾のリージョンを使用するよりも平均で50~85%のレイテンシ改善が期待できるという。

 同社によると、東京GCPリージョンの顧客は「Compute Engine」や「Cloud Storage」「App Engine Standard Environment」「Container Engine」「Cloud Datastore」「Cloud Dataflow」「Cloud Dataproc」「Cloud DNS」「Cloud VPN」「Cloud Router」「Cloud IAM」を含むコアサービスを利用できるという。

 台湾と東京のGCPリージョンは、「FASTER」ケーブルシステムや「Pacific Light Cable Network」(PLCN)といった海底ケーブルを含むGoogleのバックボーンネットワークを使用することになる。

 FASTERは、Googleのほか、5社の国際的企業からの資金によって敷設された太平洋横断海底ケーブルであり、6月から運用が開始されていた。この光ファイバーケーブルは米オレゴン州と、日本の千葉県と三重県という2つの地域の間を結んでいる。

 FASTER Cable Systemは太平洋間を60テラbpsの帯域幅(平均的な有線モデムと比べるとおよそ1000万倍の速度)で結んでおり、Googleはそのうちの10テラbpsに対する独占アクセス権を有している。

 また、米ロサンゼルスと香港の間を結ぶPLCNは2018年半ばに運用が開始される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]