超高速開発サービス「OutSystems 10」をリリースしたBlueMeme

NO BUDGET

2016-12-06 17:00

 BlueMemeは11月14日、OutSystemsが発表した「OutSystems 10」の日本国内における正式リリースと、モバイルアプリケーションのアセスメント(評価)サービスの提供を同日より開始すると発表した。

 OutSystemsは、アプリケーションの開発から保守運用までをカバーする超高速開発プラットフォーム。アプリケーションをビジュアルに開発できるだけでなく、アプリケーションのバージョン管理やパフォーマンス分析などのフルライフサイクルサポート機能を備えている。

 最新版のOutSystems 10では、これまでウェブアプリケーション開発者だけでは困難だったモバイル機能がより強化され、オフラインやネイティブ機能を活用したアプリケーションをビジュアルに開発できるようになった。他にも多くの改善が実施され、企業のデジタル化をより強力にサポートするという。

 主な新機能は以下の通り。

  • モバイルデバイスに対応したテンプレート、パターン、動作およびアニメーションの追加
  • センサーなどネイティブ機能開発の対応
  • アプリストアへのパブリッシュを簡易化
  • オフライン機能のビジュアル開発
  • 拡張性の強化
  • 外部データベース連携の強化
  • セキュリティ機能の向上

 BlueMemeはOutSystems製品とサービスに関する、ローカライゼーションと技術サポートを提供する日本国内での総代理店。OutSystems製品を用いて開発工程全体を大きく削減する開発プロセスを提唱し、取り込んだシステム開発及び技術支援も提供している。

 OutSystems 10リリースに合わせて提供を開始するモバイルアプリケーション開発のアセスメントサービスでは、複雑な同期パターンを持つ倉庫内在庫管理アプリや、GPSと連携させた配達サービスアプリなど、ユーザーの要望に合わせた具体的なアプリケーションを開発するとのこと。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]