医療現場へのIoTの普及により、病院がサイバー攻撃者の次のターゲットに

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年11月28日 10時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットワークに接続した医療デバイスが患者の安全性や医療の効果にますます大きな影響を与えている。中でも、臨床情報システムに接続している場合はメリットも大きいが、リスクも増強すると、欧州のハイテクセキュリティ機関ENISAが警告している。

 病院はセキュリティに対する姿勢を変える必要がある。「患者のケアを改善し、さらには遠隔治療を可能にするために病院はスマートソリューションを採用し、変革を進めようとしている。だが時に、新たに出現したセキュリティおよび保全上の問題を無視してしまっている。どんな取り組みにもリスクはつきものである。病院はサイバー攻撃者の次のターゲットになっている」とENISAは警鐘を鳴らす。

 ENISAは医療機関に対し、IoTコンポーネントのセキュリティ要件を具体的に策定し、組織内あるいはインターネットへの接続方法についても規定するよう勧めている。また端末メーカーに対しては、システムやサービス設計の初期の段階から病院と協業する必要があるとしている。

 ENISAの執行ディレクターUdo Helmbrecht氏は、「内部接続された意思決定デバイスは病院内に自動化と効率性をもたらすが、同時に悪意ある行為に脆弱だ」と述べている。

 ENISAは、「ヘルスケアにおけるIoT利用がもたらす深刻な脆弱性がいくつかある。これらは対応がとても難しいものだ」と警告する。

 問題の一部として、病院にはありとあらゆる種類のデータがあり、これが悪意あるハッカーにとって大きな魅力になっている点が挙げられる。犯罪者には、個人の健康に関する情報は財務情報よりも価値が高いと考えられており、病院システムに不正侵入することは処方薬情報にもアクセスできることを意味する。

 「IoTデバイスへの依存が増している。接続された技術への依存は、われわれが安全にする速度を上回って広まっている。人命や公共の安全に影響する分野においては、高いスタンダードが必要だ」とENISAは記す。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算