IBM Researchのコンピュータビジョン研究、皮膚がんの診断で医師の支援目指す

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年11月28日 11時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMはニューヨークのメモリアルスローンケタリングがんセンターと長年提携しており、自社のコグニティブコンピューティングの能力をメラノーマの診断技術向上に役立てようとしている。

 IBMの研究科学者チームはコンピュータビジョン技術のテストを行っている。この技術は将来的に皮膚がんをより効果的に診断できるツールを医師に提供する可能性を秘めている。先頃提出されたレポートで、同チームは同社のシステムについて、専門医と同等の精度でメラノーマを認識できるようになったことを発表した。

 後期メラノーマがいかに致命的であるかということを考えると、患者や医師に優れた診断ツールを提供することが、公衆衛生や医療コストに非常に大きな影響を及ぼすかもしれないとIBMでコグニティブコンピューティングとコンピュータビジョンを研究するNoel Codella氏は米ZDNetに述べた。

 IBMが目指しているのは、コンピュータビジョンを利用して、ダーモスコピー画像の分析を専門医に代わって行うことだ。医師や看護師はスマートフォンやカメラに接続されたダーモスコープを使って患者の患部を撮影し、それをクラウドベースのアナリティクスサービスに送信して、詳細なレポートを受け取ることになる。そのレポートには、医師がメラノーマの診断を行う際に役立つ信頼度指標や、患者のリスク特定に効果的な、患部のビジュアルパターンなどのデータも含まれるかもしれない。

 Codella氏はこのツールを血液検査にたとえた。言い換えると、それは「診断そのものを提供するツールではなく、医師が診断を行うのを支援するツール」である。

 IBMの研究チームは現在もアルゴリズムの改善に取り組んでおり、このシステムがどの時点で臨床的に有用になるかを見極めようとしている。現在、製品の開発に関する「明確なタイムライン」は設定していないとCodella氏は述べた。何よりもまず、同チームには、もっと多くのデータが必要だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算