編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

MS、「Windows Server」「SQL Server」の「Premium Assurance」発表--サポートを6年追加可能

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-12-09 11:49

 Microsoftは米国時間12月8日、「Software Assurance」の顧客向けの新しい延長サポートを発表した。

 Microsoftは2017年の早い時期に、「Windows Server Premium Assurance」と「SQL Server Premium Assurance」を展開する。現在の10年に加えて、さらに6年間サポート期間を延長できるものだ。Premium Assurance期間となる6年の間、顧客は「Critical(緊急)」または「Important(重要)」に分類されるセキュリティアップデートとセキュリティ情報を受け取ることができる。

 Microsoftは公式ブログで、新しい延長サポートサービスについて、「継続してコンプライアンスの要件を満たし、まだアップデートの準備ができていないシステム上のセキュリティを確実にする」必要のある顧客を支援するものと説明している。「クラウドに移行するにあたっての柔軟性」を提供するオプションとしても位置付けている。

 Premium Assuranceの対象となる最初の製品は、「SQL Server 2008」及び「2008 R2」(延長サポートは2019年7月に終了)、「Windows Server 2008」及び「2008 R2」(延長サポートは2020年1月に終了)となる。

 新しいWindows Server Premium AssuranceとSQL Server Premium Assuranceオプションは2017年より提供され、個別または同時に購入できる。一定期間(通常は3年)、対象製品の最新版をツールや特典とともに提供するMicrosoftのボリュームライセンスプログラムSoftware Assuranceのアドオンとしても購入可能だ。

 「Premium Assuranceの価格は、現在の製品ライセンス価格の5%程度でスタートし、その後最大12%までアップする。2017年6月末までに購入すれば、Premium Assuranceのコストを約60%削減できる」とMicrosoftは説明している。

 Microsoftは先月、「Office 2007」について2017年以降も延長サポートが受けられるカスタム契約オプションを企業ユーザーに提供しないという決定を下している。Microsoftによると、今後Premium Assuranceの対象製品に他の製品を加える計画はないという。


提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]