編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

Linux Mint 18.1 Serenaがリリース

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-12-21 11:32

 今年1年いい子にしていたLinuxユーザーのあなたに、サンタがプレゼントを用意している。Linux Mint 18.1「Serena」だ。

 Serenaは「Ubuntu 16.4」ベースの長期サポート版LinuxデスクトップOSで、過去最高の出来となっている。

 その理由を説明していこう。まず、Linux Mintはようやく自動的にアップグレードできるようになった。これまでMintでは、ホームディレクトリの個人用ファイルを別のパーティションに分離しておいた上で、手動でアップグレードする必要があった。ほかのほとんどのLinuxディストリビューションでは、すでにこの問題を解決している。しかし今回のバージョンから、Linux Mintでも非常に簡単な手順で自動アップグレードが可能になった。

 ただしこの機能はKDE版やXfce版ではまだ提供されておらず、これらのデスクトップでは、2017年前半まで待つ必要がある。

 また筆者は、Mintのデフォルトデスクトップである「Cinnamon」のアップデートも気に入った。今回の「Cinnamon 3.2」では、多くの小さな改良が施されている。

 例えば、新しいスクリーンセーバーはゼロから書き直され、高速になり応答性も向上した。スクリーンセーバーからバッテリの状況を確認できるなど、便利な機能も追加されている。また、Cinnamon 3.2では、「Ubuntu Unity」のように、パネルやメニューバーをデスクトップの両脇に配置することもできるようになった。


Cinnamon 3.2では、パネルやメニューバーをデスクトップの両脇に配置することもできるようになった。

 今回も、デフォルトで利用できるプログラムが新しいものに変更されている。例えば、Officeソフトは今回「LibreOffice 5.1.4.2」になった。

 また大きなアプリケーションの変更が1つ行われ、メディアプレイヤーが「Banshee」から「Rhytmbox」に変更されている。Bansheeには2014年以来新しいパッチが提供されていなかった。

 Linux Mintの推奨RAMサイズは1Gバイトとなっているが、わずか512MバイトのRAMで実行可能だ。また、推奨されるHDDの空き容量は20Gバイトとされているものの、10Gバイトでも動作する。最低ディスプレイ解像度は1024×768。

 UEFIを備えた比較的新しいシステムであれば、Mintの動作に問題が生じることはないはずだ。Mintの開発チームは、Windows用のセキュアブートを無効にしなくてはならない場合があると報告しているが、筆者自身は、Mintとセキュアブートを使用したWindowsを問題なく併用できている。

 同じように重要なのは、Mintでは今までと同じ作業をするのに、新しい使い方を学ぶ必要が一切ないことだ。新しい機能も、改善された機能もあるが、その恩恵を受けるために、これまでのやり方を変える必要はない。他のデスクトップOSの設計者も、この点についてはMintから学ぶべきだろう。

 もしMintを体験してみたければ、MintのCinnamon版、MATE版ともこのページでダウンロードできるようになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]