編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

早大IPS・北九州コンソーシアム参画で産学連携--IDCF

ZDNet Japan Staff

2017-01-11 14:33

 IDCフロンティアは1月11日、早稲田大学大学院情報生産システム研究科が1月11日に設立した「早稲田大学IPS・北九州コンソーシアム」に参画すると発表した。

 早稲田大学IPS・北九州コンソーシアムは、産業界、自治体等と早稲田大学IPSが連携し、北九州を中心としたものづくり産業等と一体化した教育・研究環境の実現を目指すことを目的としており、国内30数社が会員企業として参画を予定している。

 IDCFは、Yahoo! JAPANグループの戦略ITインフラプロバイダーとして、クラウドコンピューティングやデータ分析プラットフォーム、データセンター事業を展開している。福岡市には研究開発を進めるR&D拠点と、北九州市には西日本最大規模となるデータセンターを持ち、これらを生かしてビッグデータの活用による「未来予測」をテーマにした共同研究を実施している。

 また、コンソーシアムへの研究用ITインフラ基盤として、ディープラーニングに代表される高度なデータ解析を可能とするGPU搭載サーバやデータセンターの提供など、コンソーシアムでの産学連携を進める。

 共同研究内容の例として、サイバー攻撃の予兆検知や予知、ビッグデータ用インフラの仮想化技術、データフローによるデータセンターの制御、次世代のデータセキュリティなどを挙げている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]