AIやIoTなどの進展でセキュリティ脅威増大も--世界経済フォーラム

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年01月12日 11時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新興テクノロジの普及拡大が新たな形態のサイバー攻撃を引き起こしており、企業が不測の脅威にさらされていると世界経済フォーラム(WEF)が警告した。

 WEFは「Global Risks Report 2017」(グローバルリスク報告書2017年度版)の中で、政情不安から気候変動まで、世界が2017年に直面する重要な課題の数々を詳しく説明し、テクノロジの変化に伴うリスクに社会が対応できていないことを指摘した。

 新しいテクノロジは世界に多大な恩恵をもたらす可能性を秘めるが、生産性と効率性の名の下に、より多くの企業、産業、および消費者向け端末をインターネットに接続する慣行などによって、潜在的な侵入経路が増加し、ハッキングやデータ侵害のリスクも高まると報告書は指摘している。

 Marsh Global Risk and Specialtiesのプレジデントを務めるJohn Drzik氏は報告書の発表イベントで講演を行い、「AIやIoTのような新しいテクノロジは、データの窃盗やビジネスの破壊、産業制御関連への攻撃を企むサイバー攻撃者に、より大きな攻撃対象の領域を作り出している」と述べた。報告書は、現実になってしまう可能性が高いリスクのトップ10にデータ侵害とサイバー攻撃の両方を挙げている。

 Drzik氏は、「同時に、セキュリティ専門家たちは、ならず者国家やテロリストが将来、AIやロボティクスを武器化することやグローバル衛星システムがハッキングされる可能性もしっかりと視野に入れている」と述べている。

 2016年の報告書では、サイバー攻撃が北米でビジネスをする上での最大のリスクとして挙がった。2016年にも重大なデータ侵害やサイバー攻撃、ハッキングが多数発生したため、世界中でサイバーセキュリティインシデントに対する懸念が高まっているようだ。

 2017年の報告書では、米国やドイツ、日本、スイス、オーストラリア、シンガポール、マレーシア、アラブ首長国連邦などの企業幹部が、企業の直面する最大のリスクとしてサイバー攻撃を挙げた。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化