編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

SAP HANA Cloud Platformで稼働する新IoT--エッジデバイス監視など

NO BUDGET

2017-02-21 17:32

 SAPジャパンは2月8日、SAP Connected GoodsとSAP Dynamic Edge Processing serverの提供開始を発表した。

 SAP Connected Goodsは、業務用冷蔵庫、自動販売機、動力機器などマスマーケットの機器をリモートからモニタリング、中央管理を実施する。SAP HANA Cloud Platform上で提供され、十分な在庫レベルや適切な保管スペースを確実にすることで機器の可用性、利用率、パフォーマンスを最大化できる。

 また、SAP BusinessObjects Cloudソリューションへの統合機能により、カスタマイズ可能なダッシュボードを作成でき、関連機器のトレンドや使用パターンを明確にし、モノを補充するためにルールベースのアラートを挙げることができる。ガソリンスタンド、小売り商店、薬局、建設現場などにある幅広いマスマーケット機器に対応する。

 SAP Dynamic Edge Processing serverは、アルゴリズム、同期アーキテクチャ、データベース、デバイスコネクティビティ機能、、オンボーディング、オフライン操作、データ量削減機能、ローカルアプリケーションプラットフォーム、即時レスポンス、ローカルストレージなどを組み合わせた製品。

 スマートデバイス、センサなどから送られてくる大量のデータを制御できる。データセンターの外の機器で、より多くのデータを処理することで、リアルタイムな分析を維持しながら、データ伝送コストを削減する。データをフィルタリングし、最もクリティカルなデータをコアのIoTシステムに転送し、一方で他のデータは発生した場所にある別のローカル機器で処理する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]