編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
デジタル未来からの手紙

「サイバー空間とフィジカル空間が融合」--日本政府のAI戦略に見る未来

林 雅之

2017-03-06 07:00

 政府は1月16日、第4回会議人工知能技術戦略会議を開催し、「人工知能の研究開発目標と産業化のロードマップの検討状況(中間まとめ案)」を公表した。

 同会議では、総務省、文部科学省、経済産業省の3省連携によるAI研究開発の司令塔の役割を担い、3月までに「人工知能の研究開発目標と産業化ロードマップ」を策定する予定だ。

 フェーズによるAIの発展段階の整理では、以下の3つのフェーズを示している。

 フェーズ1:各領域においてデータ駆動型のAI利活用が進む

 フェーズ2:個別の領域の枠を越えて、AI、データの一般利用が進む

 フェーズ3:各領域が複合的につながり合いエコシステムが構築される

 フェーズ3は、AI技術やデータを活用により、フェーズ1の各産業分野での利用からフェーズ2の目的別サービス、フェーズ3の汎用サービスまでの段階において、各領域が複合的につながり合って融合化する。

 これにより、エコシステムが構築され、生活者、産業空間、そして、都市空間において、新たな価値創造による好循環を生み出すというイメージを描いている。


出所:人工知能技術戦略会議(第4回) 2017.1.16

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]