編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

AIで脳血管疾患やリスクを予測する研究を開始----NECと仙台白百合女子大学と共同実験

NO BUDGET

2017-03-13 09:43

 NECは、仙台白百合女子大学と人工知能(AI)技術を活用した脳血管疾患の発症・重症化リスクの予測に関する研究を開始した。

 この研究では、NECのAI技術「異種混合学習技術」と、仙台白百合女子大学の保健事業や健康状態の把握に関する公衆衛生学的知見や社会環境に関する知見を組み合わせる。宮城県富谷市の協力で、過去2年間分の匿名化した医科・歯科・調剤のレセプトや特定健康診査のデータから、脳血管疾患の発症・重症化リスクを予測する。

 AI技術によって、多種多様なデータの中から精度の高い規則性を自動で発見し、その規則に基づいて状況に応じた最適な予測を行う。これにより、人手では困難だった複雑な予測を高精度に行えるようになる。同研究の成果は、脳血管疾患の発症・重症化リスクが高い住民に対する効率的な特定保健指導への活用や、地域の健康課題を踏まえた富谷市の保健事業関連の政策立案への活用に生かしていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]