シスコ、ハイパーコンバージドシステム「HyperFlex」を強化

ZDNet Japan Staff

2017-03-15 07:00

 シスコシステムズは3月14日、ハイパーコンバージドシステム「Cisco HyperFlex」で新たにオールフラッシュのストレージノードの提供や40Gbpsのファブリック接続のサポートなどを発表した。

 Cisco HyperFlexは、2016年3月に投入したデータセンター向けのハイパーコンバージドシステムのラインアップとなる。今回の製品強化では、オールフラッシュストレージノードと40Gbpsのファブリック接続が追加されたほか、HTML5による日本語管理インターフェースを提供。アプリケーションデータを保護するため、新たなレプリケーションや暗号化機能も採用する。

 コンピューティング システム プロダクト グループ担当 シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのLiz Centoni氏は、プレスリリースの声明でHyperFlexが1100社以上に採用されたことを明らかにしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    風向きが変わった「Microsoft 365」のデータ保護戦略、最適なバックアップ対策の進め方

  2. セキュリティ

    2023年のサイバー脅威予測!注目すべき新たな攻撃トレンド「CaaS」という恐るべきビジネスモデル

  3. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  4. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  5. 経営

    「脱PPAP」で三井ホームが導入、先進機能が統合されたメールセキュリティ対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]