編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

シスコ、中小企業向けブランド「Cisco Start」を刷新--アジアにも展開

日川佳三

2017-03-29 07:00

 シスコシステムズは3月28日、中小企業向けに低価格化と日本語化を前面に打ち出したネットワーク機器ブランド「Cisco Start」の強化を発表した。アジア全域への本格展開に向けてブランドロゴを刷新したほか、手続きを簡略化した新たなリース契約「Cisco Start easylease」を開始した。製品面ではラックマウント型PCサーバや無線LANアクセスポイントの新モデルを加えた。

 Cisco Startは、予算やIT管理者が少ない社員100人以下の企業向けに展開するネットワーク機器のブランドだ。サポートを含めた製品価格の安さと日本語化された設定画面が特徴で、10万円を切る低価格帯のルータ、スイッチ、無線LANアクセスポイントなどを提供している。Cisco Startの販売パートナーは、2015年10月時点の60社から2017年3月現在で4100社に増えた。

 今回の強化ではロゴを刷新した。Cisco Startが日本だけでなくアジア全域に広がっているとし、米国本社の協力で公式ロゴをデザインした。同社のコーポレートロゴと同様に、「橋」をモチーフにしたデザインで、「より身近に感じてもらえるようになる」(同社)としている。


Cisco Startのロゴ

 Cisco Start easyleaseは、新しいファイナンシャルリース商品となる。これまで個別にリース契約を交わさなければならなかったソフトウェア/ハードウェア/クラウドサービスの契約を一本化できるのが特徴。契約手続きや与信審査が簡素化され、ユーザーがより利用しやすくなった。


ソフトウェア、ハードウェア、クラウドサービスの契約を一本化できるリース契約「Cisco Start easylease」を用意した

Cisco UCSをCisco Startブランドで提供

 Cisco Startブランドの製品ラインアップも拡充された。新たに販売する製品の1つが、ラックマウント型PCサーバの「Cisco UCS Cシリーズ」。Cisco UCSをCisco Startブランドで提供するのは今回が初となる。Cisco Startブランドによる市場推定価格は25万円台で、中小企業用途に合わせて容量を抑えたメモリとディスクをパッケージ化した。パッケージ化によって価格も抑えたとしている。


ラックマウント型PCサーバ「Cisco UCS Cシリーズ」をCisco Startブランドで提供する。中小企業用途に合わせてメモリやディスクの容量を抑えてパッケージ化した。パッケージ製品とすることで価格を抑えた

 もう1つの製品は、無線LANアクセスポイントの「Cisco Aironet1815シリーズ」。既存のCisco Aironet1800シリーズに追加した新モデルで、最も安価な「1815iスタンダードモデル」の市場推定価格は4万円台前半から中盤になる。スループットは上位モデル「Cisco Aironet1832」と同じながら、スペックはやや抑えられた。Cisco Aironet1832は3ストリーム(3多重化)だが、Cisco Aironet1815シリーズでは2ストリームとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]