編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
調査

成長する日本のIoT市場、今後の推移をどう読み解くべきか?

國谷武史 (編集部)

2017-04-10 14:07

 IDC Japanは4月10日、国内IoT市場の現状と将来予測を発表した。成長著しい同市場だが、IDCではテクノロジ別に成長率や要因をみていくことが重要だとし、今回はサービスとハードウェアについて具体的に言及した。

 まず2016年のIoT市場全体の支出額は5兆270円で、2021年の市場規模を約11兆円と予想する。年間平均成長率(CAGR)は17.0%を見込み、テクノロジ別ではサービスが21.8%、ソフトウェアが21.7%、コネクティビティが12.3%、ハードウェアが10.8%になるとしている。


国内IoT市場のテクノロジ別支出額の実績と推移

 国内IoT市場全体の調査を担当するシニアマーケットアナリストの鳥巣悠太氏によれば、同社ではベンダーやユーザー企業など20業種・49のユースケースから市場規模を算出し、これを12種類のテクノロジ別に分析している。今回は将来の市場拡大を読み解く鍵だとして、最もCAGRが高いサービス分野と、これまでM2M(Machine to Machine)としてIoT市場を大きく構成していたハードウェア分野を取り上げた。

 同氏は、従来のIoT市場ではユーザー企業が直接的にベンダーからIoTのリソースを調達し、業務プロセスや生産品質の改善といった社内用途でIoTを利用してきた。今後はユーザー企業だけなく、IoTサービスプロバイダーの本格参入によって提供される「IoT Enabledソリューション」が市場拡大の牽引役になると解説する。


IoTでは例えば、建設機器の遠隔モニタリングによる保守サービスや、車両の運転状況に応じた自動車保険料の算出といった新しいユースケースが市場を拡大させていくという

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]