編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IoTの相互運用性向上目指すオープンソースプロジェクト「The EdgeX Foundry」

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 緒方亮 (ガリレオ)

2017-04-27 16:19

 セキュリティは、モノのインターネット(IoT)のアキレス腱となっている。理由の1つは、IoTに共通の開発標準がないことだ。この問題に取り組むため、The Linux Foundationは、企業50社とともに、オープンソースのコンソーシアム「The EdgeX Foundry」を設立し、IoTのエッジコンピューティングと相互運用可能なコンポーネントのエコシステムのための共通オープンフレームワークの構築を進めている。

 The EdgeX Foundryには共通の目標がある。付加価値となる独自機能をベンダーが追加する余地を残しつつ、産業用IoTのエッジコンピューティングを簡素化し標準化することだ。

 IoTは、すでにひとつのビジネスとして急成長している。しかし、断片化の広がりと、共通するIoTソリューションフレームワークがないことが、広範な導入の妨げとなり、市場の成長を失速させている。加えて、セキュリティ検証キット「Metasploit」をクラッキングツールとして使ったIoTデバイスへの侵入が、すでに行われている。

 こうした複雑さと多様なコンポーネントによって、IoTの停滞が生じている。The EdgeX Foundryは、変化するビジネスニーズに適応する、柔軟性を備えたIoTエッジソリューションの迅速な開発を促進することで、この問題の解決に取り組んでいく。

 The EdgeX Foundryは、共通のオープンフレームワークと、相互運用可能なプラグアンドプレイコンポーネントを提供する企業のエコシステムの構築とを軸に、市場の統合を目指す。ハードウェアやOSを問わず、またアプリケーション環境の組み合わせを問わず稼働するようにするのが狙いだ。また、柔軟性によって、幅広い使用事例において、コネクテッドデバイス、アプリケーション、サービス間の相互運用性を促進する。さらに、コミュニティーが開発するプログラム間の相互運用性を、認定プログラムで確保する。

 簡単ではないが、最初の取り組みはすでに始まっている。Dellは、Apache License 2.0の下、同社の初期段階のソースコードベース「FUSE」をThe EdgeX Foundryに対して提供することを進めている。

 Dellは、10を超えるマイクロサービスと、12万5000行超のコードを提供している。目指しているのは、接続に関する現行の諸標準と、エッジ分析やセキュリティ、システム管理、サービスといった商業的な付加価値との間の相互運用性の促進だ。The EdgeX Foundryに参画するその他のメンバーも、すでにコードの追加を進めている。

 The Linux FoundationのIoT担当シニアディレクターであるPhilip DesAutels氏は、この取り組みの理由を次のように説明している。「企業各社は現在、ビジネス課題に取り組むIoTソリューションを展開する前に、多大な時間とエネルギーを注いで、独自のエッジコンピューティングソリューションを開発しなければならない。The EdgeX Foundryは各社が、IoTコンポーネントの結合や統合ではなく、ビジネスバリューの向上のためにリソースを費やせるよう、さまざまなベンダーによる相互運用可能なコンポーネントのエコシステムを促進していく」

The EdgeX Foundry IoT

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]