マイクロソフト、「Surface Laptop」発表--「Windows 10 S」搭載、999ドルから

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2017-05-03 11:08

 Microsoftは、「Chromebook」との競争をOEMパートナー任せにするつもりはないようだ。同社は米国時間5月2日、「Surface」ブランドの新製品「Surface Laptop」を発表した。価格は999ドルから。米国などで事前予約を開始している。

 Twitterで「The Walking Cat」氏がリークした情報の通り、このデバイスには「Windows 10 S」(「Windows 10 Cloud」として報道されていたバージョンのWindows 10)が搭載される。

 Surface Laptopは、13.5インチで「PixelSense」ディスプレイを備える。重量は2.76ポンド(約1.25kg)、画面のアスペクト比は3:2で、既存の「Surfaceペン」に対応する。プロセッサは「Core i5」と「i7」から選択可能で、ストレージ容量は最大512Gバイト。また公称バッテリ持続時間は動画再生で最大14.5時間となっている。事前のリーク情報が正しければ、Surface LaptopはUSB-Cを搭載しない。

 価格はメモリが4Gバイトのモデルで999ドルから(Surfaceペンや「Surface Dial」は同梱されていない)。8Gバイトモデルは1299ドルからとなっている。

 Windows 10 Sは、Windowsストアからインストールしたアプリ以外は実行できないように制限された、フル機能のWindowsだ。教育関係以外のルートで入手したユーザーは49ドルで「Windows 10 Pro」にアップグレードできる(教育関係者と学生は無料)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

提供: Sarah Tew/CNET

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]