編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日立製作所の新メインフレーム環境にIBMのハードウェア技術

ZDNet Japan Staff

2017-05-23 14:46

 日本IBMは、日立製作所が2018年度から日本市場で提供する予定の新たなメインフレーム環境で、IBMのメインフレーム「z Systems」シリーズの最新技術を提供すると発表した。日立の顧客が、基幹データやOSを含むソフトウェア資産を継承しながら、IBMのメインフレームの最新技術を活用できる。

 IBMと日立は以前から企業向けコンピューター分野で協業しており、今回この協業範囲をメインフレーム技術へと拡大する。

 今回の発表について、IBMはメインフレーム技術への継続的な注力と、幅広いソフトウェアやアプリケーションをサポートするためのオープンエコシステムを促進することを示すものとしている。

 IBMは最近も、IBM z Systemsのスピード、拡張性と信頼性を生かした新機能として、クラウドベースのブロックチェーンサービスや大量のデータを分析する機械学習などへの対応を表明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]