編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」
AWS Summit

AWS Summit Tokyoに三菱UFJフィナンシャルなど--”レガシー企業”もクラウドに - (page 3)

末岡洋子

2017-06-01 08:42

ものづくりのためにクラウドを活用--セイコーエプソン

 確立された企業としてはもう1社、セイコーエプソンもクラウドによりビジネスイノベーションを図っている。

 自社のAWS活用について話したセイコーエプソン IT推進本部 本部長の熊倉一徳氏は、創業1942年のメーカーがどうしてクラウドを採用するのかについて、「顧客にこれまで以上の感動や喜びを提供するにはサイバーで価値を提供する必要がある」と説明する。「我々はDNAである省・小・精(省エネ、小型化、精密)の価値を徹底的に磨き上げる」と、ものづくりという既存の価値は変わらないという。

セイコーエプソン IT推進本部 本部長の熊倉一徳氏
セイコーエプソン IT推進本部 本部長の熊倉一徳氏

 同社は現在、2013年から2017年までの中期IT基盤戦略を進めているところだ。基本的な考え方は、クラウドファースト(Cloud First)とファスト(Fast)。Amazon EC2/RDSを中心にサーバマイグレーションを進めた。現在、サーバレスアーキテクチャへのマイグレーションに着手したところだ。「クラウドのメリットを最大限に生かせることにチャレンジする」という。

最初のマイグレーションではデザインパターンを変えずに移行した。
最初のマイグレーションではデザインパターンを変えずに移行した。

 経営陣を始め、クラウドに対して抵抗があったというが、「成果が出てくると支持が得られる。これがクラウドの面白いところ」と熊倉氏。費用20%減などを達成したが、実はビジネス側が一番喜んでいるのは「スピード」という。「環境を用意するスピードの速さが圧倒的」と熊倉氏。このような成果を示しながらスパイラルアップで進めてきたが、今後は「要件に適合する最適な動的ITインフラを提供し、ビジネスイノベーションを支える」と取り組みを展望する。

現在はデジタルイノベーションに向けたクラウドの活用を進めている。
現在はデジタルイノベーションに向けたクラウドの活用を進めている。

 最後に熊倉氏はAWSへの期待として、「クラウドをリードしてほしい。自分たちがものづくりを極めるにあたって、我々がスピード感を上げられるようなことを業界全体で推進するイノベーターであり続けてほしい」と語った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]