今週の明言

富士通副社長が語る「本物のAIに向けた戦略の勘所」

松岡功 2017年06月02日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載「松岡功の『今週の明言』」では毎週、ICT業界のキーパーソンたちが記者会見やイベントなどで明言した言葉をいくつか取り上げ、その意味や背景などを解説している。

 今回は、富士通の谷口典彦 取締役執行役員副社長と、米Hewlett Packard Enterprise(HPE)の高野勝 データセンター・ハイブリッドクラウドCTOの発言を紹介する。

「今のAIブームは本物だ」
(富士通 谷口典彦 取締役執行役員副社長)

富士通の谷口典彦
富士通の谷口典彦 取締役執行役員副社長

 富士通が先頃、AI(人工知能)戦略について記者会見を開いた。同社取締役執行役員副社長でグローバルサービスインテグレーション部門長を務める谷口氏の冒頭の発言はその会見で、今のAIブームに対する手応えを語ったものである。

 富士通のAI戦略について大局的な見地から説明した谷口氏は、まずこれまでのデジタル技術の波について図を示しながら、「今、第3の波としてIoT(Internet of Things)時代が到来し、そのIoTがもたらすビッグデータの活用に向けて、第4の波となるAIとロボティクス時代も引き続いて訪れようとしている」との認識を述べた。特にAIについて、次のように語っている。

 「AIについてはこれまで二度のブームがあったが、いずれもインフラや周辺の技術レベルがAIに追いつかず、実用につながらなかった経緯がある。それが今、技術の進歩によってAIを活用する環境がかなり整ってきた。今のAIブームが本物とされるゆえんはそこにある」

IoT、AIとロボティクスへと向かうデジタル化の波''
IoT、AIとロボティクスへと向かうデジタル化の波

 冒頭の発言は、このコメントの最後の部分を直接的な表現にしたものである。

 谷口氏は富士通のAIに対するこれまでの取り組みについて、「30年以上にわたって研究開発に取り組み、知見や技術を蓄積してきた。200件を超えるAI関連特許を出願しており、これは日本のITベンダーでトップの実績だ」と胸を張った。

 同社は2015年11月にAIを体系化したブランドとして「Zinrai」を発表。その方向性に、「人と協調する、人を中心としたAI」「継続的に成長するAI」「AIを商品・サービスに組み込み提供」の3つを打ち出した。そして2017年4月には、Zinraiプラットフォームサービスとして9種類のAPIを発表。同5月現在で商談件数は約500件を数える。APIは今年度中に30種類に拡充する計画だ。

 谷口氏は同社のAI戦略の柱として、「お客様との『コ・クリエーション(共創)』を拡大し、オープンなAIを目指す」「社内実践のさらなる推進」「グローバル展開の加速」「AI技術のエコシステムの確立」といった4つを挙げた。中でも顧客とのコ・クリエーションは、すなわち「AIによる知見をお客様と共有」することで、この取り組みを同社のAI戦略における勘所として注力していく構えだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算