コンテナオーケストレーションで「Kubernetes」が優勢

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年06月05日 13時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 451 ResearchCoreOSは、米国時間5月31日から6月1日にかけて開催された「CoreOS Fest」で、企業によるコンテナ採用が進んでいるという調査結果を明らかにした。これらの企業は、ハイブリッドクラウド配備の効率向上と、開発者の生産性向上を目的にしているという。さらに興味深いのは、調査回答者の71%が「Kubernetes」を利用していると答えた点だ。

 451 Researchの主席アナリストであるJay Lyman氏は「企業はオンプレミスとハイブリッドクラウドをまたがる一貫性ある開発者向け配備モデルを作り上げるための方法を模索している」と述べるとともに、「開発者に力を与える必要性と、パブリッククラウドの利点を現実化するための支援、ミッションクリティカルなオンプレミスアプリケーションをサポートする必要性によって、企業内に複数のコンピューティング環境が生み出されている。混沌さが増すこのITインフラを管理するとともに、過去の過ちを繰り返さないために、企業はクラウドをまたがるアプリケーション配備に向けた単一のプラットフォームと、企業をまたがった運用上の効率向上の双方を実現できるコンテナソフトウェアに目を向けるようになっている」と述べた。

 CoreOSの最高経営責任者(CEO)Alex Poivi氏は基調講演において、Kubernetesはマルチクラウドアーキテクチャ上でのコンテナ管理を可能にするため、こういったニーズに応えられると述べた。

 「CoreOSにおけるわれわれの使命は、オープンソースによる最高のインフラ管理ソフトウェアを提供し、顧客をベンダーロックインのサイクルから解放することだ。そして企業は、パブリッククラウドかプライベートクラウドかに関係なくアプリケーションを配備できるような単一のプラットフォームを実現するためのコンテナテクノロジを求めている。『CoreOS Tectonic』は純粋にアップストリームのKubernetesを使用して、アプリケーションの実行場所と実行方法に関する究極の柔軟性を企業にもたらすとともに、企業全体の効率を向上させるためのインフラ側の運用性を提供する。興味深いことに、企業はプライベートクラウドやサービスとしてのプラットフォームといったその他のテクノロジを1歩先に推し進めるためにKubernetesを使用しているようだ」(Poivi氏)

 Kubernetesがパブリッククラウドとプライベートクラウドの双方で動作するという能力は、ハイブリッドクラウドを採用する企業のワークロードに適したものとなっている。IT関係の意思決定者200名以上を対象とした調査では、企業の57%がホスティングされたサービスとしてのコンテナ(CaaS)と、オンプレミスのCaaSの組み合わせを採用しており、いずれか一方を採用していると答えた企業の数はほぼ同数だったという。またKubernetes採用の理由としては、優先順位にフォーカスするためのリソースの解放や、ハイブリッドクラウド/クロスクラウドのサポート、自社でのコンピュート機能の実現、ベンダーロックインの抑止が挙げられている。

 この背景には、コンテナが開発チームと運用チームの両方から支持されているということがある。DevOpsのチームは、開発者の生産性を意識するようになっている。55%がこの点をコンテナを活用する理由としている。一方、インフラチームの37%は、コンテナを活用している理由を効率としている。もっとも興味深い結果の1つは、コンテナは開発者の分野であると見られているかもしれないが、調査では、開発者の2倍ものIT運用部門の人々がコンテナの主要なユーザーであることがわかった点だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化