知覚のトビラ--AIが拓くICTの未来

先進IT企業がこぞって研究する“テレパシー”--人間と機械の通信は実現するか

日塔史 2017年06月16日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在公開中の映画『メッセージ』が話題となっている。アカデミー賞8部門でノミネートされ1部門で受賞した。監督のDenis Villeneuveはこの秋(日本は10月27日公開)にSF映画の金字塔の続編『ブレードランナー 2049』の公開を控えており、さらに『DUNE/砂の惑星』再映画化の監督に決定するなど大きな期待が寄せられている。

 映画『メッセージ』は、異星人が発信するパターンを解読する物語である。突如として世界各地(北海道にも)にあらわれた宇宙船。その中にいる7つの足をもつ2人組の異星人(ヘプタボット)と交信するために抜擢されたのは、世界最高の言語学者ルイーズ・バンクス(演:Amy Adams)だった。始めは異星人が発する「音」を解析するが、途中で異星人が描く丸い「形」が漢字のような表意文字であることに気が付くことでコミュニケーションが急速に進展していく。


映画「メッセージ」の一場面。手に持っている紙に書いてある丸い形がヘプタボットの文字である。
Photo by Photo Credit: Jan Thijs - © 2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED この記事では映画のネタバレを含む

 さかのぼれば1977年に公開されたSpielberg監督作品『未知との遭遇』も、異星人とのコミュニケーションをテーマにしていた。こちらは、クライマックスで「♪レミドドソ」のメロディによって交信していく様子が圧巻で、その5つの音階にあわせたハンドサインも印象的だった。


映画で使用されたコダーイ・メソッドのハンドサイン。
John Curwen Standard Course (1904 edition, public domain)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算