東海地区の生協、1200台のスマホで1日の作業時間を1万8000分短縮

NO BUDGET 2017年06月16日 10時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東海地区の生活協同組合連合会(東海コープおよび東海コープ会員生協のコープぎふ、コープあいち、コープみえ)が共同購入業務支援システムを構築し、共同購入(宅配)の担当者1200人にスマートフォンを配布して、本格運用を開始する。富士通と事業連合および会員生協が発表した。

 同システムは、スマートフォンと基幹システムを接続する「FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICS II ユニバーサルコネクト」、スマートフォンへのアプリケーションやファイルの配信、紛失時の遠隔データ消去などができるモバイル活用基盤「FUJITSU Cloud Service MobileSUITE@」、スマートフォンの購入や運用サポートの「FUJITSU Managed Infrastructure Service ワークプレイス-LCMサービス スマートデバイス-LCMサービス」を組み合わせている。


スマートフォンの画面イメージ

 東海コープは、コープぎふ、コープあいち、コープみえのシステムの運営を受託している。2015年に、富士通と共同購入事業や店舗事業など全事業の組合員情報や利用情報を集約し、組合員単位で一括検索できる統合データベースを構築した。

 共同購入業務支援システムを利用する3つのコープでは、1人の担当者が多い日には100件近い配達をこなさなければならないという。配達を終えてコープの支所センターに帰着し、配達先で受け取った注文の集約や回収品の登録などの事務手続き、問い合わせへの返答を行っていた。

 共同購入業務支援システムは、スマートフォンを活用し、配達先などから組合員情報統合データベースやオーダーシステムなどの基幹システムに連携できる。これにより、支所センターでしていた情報入力の作業を配達現場でスマートフォンからできるようになる。

 同システムを利用することで、作業忘却のミス防止や1日あたり1万8000分以上の作業時間の短縮効果が期待される。また、配達時に組合員からの問い合わせや要望を受けた際にも、組合員のデータベースや商品入荷スケジュールなどをその場で閲覧できるため、即時対応が実現し、サービスの向上が可能となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算