調査

振る舞い検知サービス、2016年度は14.2%増--未知の脅威増大に対応

NO BUDGET

2017-06-26 15:43

 アイ・ティ・アール(ITR)は、国内の振る舞い検知サービス市場の規模推移と予測を6月22日に発表した。2016年度の同市場は前年度比14.2%増と2桁成長していることが分かった。同年の売上金額は59.4億円。

 同サービスは、巧妙かつ悪質な標的型攻撃やサイバー攻撃によって、従来のパターンマッチングでは対応できない未知の脅威が増大していることから、不正な通信や挙動、未知の脅威を検知、対策を支援するサービスとして市場に定着していると説明している。

 同市場は、2017年度以降も拡大傾向にあり、2021年度には145億円の規模に達するという。ITRは、今後は従来型のマルウェア対策製品と振る舞い検知型製品が統合化していくと予測している。

 企業内のみの監視ではエンドポイントからの巧妙なデータ漏洩などをリアルタイムで検知することは難しいため、外部セキュリティアナリストのノウハウ活用やAI技術を利用したサービス支援が一般化していくとしている。

振る舞い検知サービス市場規模推移と予測(ITR提供)
振る舞い検知サービス市場規模推移と予測(ITR提供)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]