編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

AWS、開発者向け翻訳サービスのリリースを計画か

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-06-27 10:09

 Amazon Web Services(AWS)が、開発者向け翻訳サービスの提供を計画しているという。CNBCが報じた。このサービスは、AWS製品の人工知能(AI)関連機能を強化するための最新の取り組みとなるはずだ。AIは、ライバル企業であるGoogleがクラウド市場で抜きん出るために活用しているテクノロジだ。また、GoogleとMicrosotは既にそれぞれ、クラウド顧客向けの翻訳サービスを提供している。

 CNBCも言及しているように、今回の新サービスは、翻訳サービスを手がける新興企業Safaba Translation Solutionsの買収(2015年)に続くものとなっている。

 AWSは2017年に入ってから、すべての顧客に対して「Lex」という人工知能サービスの提供を開始し、「Amazon Alexa」が採用している機械学習テクノロジと同じものを用いて、顧客がアプリケーションを開発できるようにした。また同社は、「AWS re:Invent 2016」カンファレンスで、画像の認識/分析サービスである「Amazon Rekognition」を含む、AIを利用した一連のツールを発表した。

 AWSの最高経営責任者(CEO)Andy Jassy氏は同イベントで、「多くの企業は、Amazonが機械学習分野で培ってきた成果を認識していない」と述べた。

 CNBCによると、AWSは11月の「AWS re:Invent 2017」カンファレンスの前に、報じられている翻訳サービスを提供し始める可能性もあるという。AWSにコメントを求めたものの、本記事執筆時点で回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]