基幹システムのクラウド移行、キーワードは「Lift&Shift」(後編)

山田竜司 (編集部) 飯田樹 2017年06月20日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドに移行したいと考えていても、既存のシステムに阻まれてしまう事例はしばしば見られる。クラウド移行は標準化できるのか、またその方法はどのようなものになるのか。AWS(Amazon Web Services)に特化したクラウドインテグレーターである、サーバーワークス代表取締役社長の大石良氏に話を聞いた。今回は後編だ(前編)。

 --クラウド移行のプロセスを標準化するコンセプトとして、「Lift-and-Shift」(荷物をいったん持ち上げて、シフトさせる)を紹介いただきました。これまで解説いただいたのが、システムの棚卸しからLiftに当たるかと思います。続くShiftでは、何をするのでしょうか。


サーバーワークス 代表取締役社長 大石良氏

 Shiftとは、”クラウドらしいサービスを使う”という意味です。例えば、OracleのReal Application Clusters(RAC)環境、つまり複数のサーバで一つのデータベースを構成するクラスタ環境があるとします。

 これを移行するとなったら、EC2にインストールをして、クラスタ構成を組み、アプリケーションも移行します。ここまでがLiftです。

 その後に、EC2にインストールしたアプリを(クラウド向けに設計された)AmazonのAuroraで運用したり、EC2上でのデプロイ作業を自動化する際にクラウドインフラ管理を自動化する「Beanstalk」に変えたりと、”クラウドらしいサービス”に切り替えていきます。

 これがShiftです。

 そのためにも「Lift」の負荷を軽減するのも大切なアプローチです。AWS Database Migration Service (DMS) や、マイグレーション専用ツールを利用することでこのLiftの負荷軽減が実現できます。


マイグレーション専用ツール(サーバワークスが推進するCloudEndureの例

 --今までオンプレの面倒を見ていた人たちが、そんな柔軟にShiftできるのですか。

 それは時間がかかります。組織とセットの話なので、場合によっては既存のベンダーとの付き合いをやめたり、担当者を教育しなければならないこともあるからです。

 まずはLiftによって、ハードウェア周りのトラブルやリスクをAWSで負荷軽減(オフロード)するというメリットを享受しておき、その上で、できるところからShiftしていくのが、特にエンタープライズ案件では必勝パターンです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算