セールスフォース、AIプラットフォーム「Einstein」向けAPIを強化

Larry Dignan Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 合原弘子 (ガリレオ) 2017年06月29日 13時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforce.comが、400万人以上の開発者の力を借りて、人工知能(AI)プラットフォーム「Einstein」向けのアプリケーション開発を強化しようとしている。

 Salesforceは米国時間6月28日、開発者向けカンファレンス「TrailheaDX」で、Einstein向けの新しいアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)の概要を示した。


 Salesforceは2017年にEinsteinをローンチし、プラットフォームの拡大に着実に取り組んできた。同社の全体的な目標は、企業幹部やデータサイエンティストたち向けにAIを一般化することだ。同社はEinsteinを、バックグラウンドで稼働して様々なクラウドサービスの予測機能を向上できる技術と見なしている。

 Salesforceは、プラットフォーム全体のデータと、企業と顧客間の一般的なやりとりを利用することで、Einsteinに適切な基盤を提供してきた。だが、開発者は今後、自社向けにEinsteinをカスタマイズして、独自モデルのトレーニングを行うことが必要になる。

 「Trailhead」担当ゼネラルマネージャー兼開発者関係担当シニアバイスプレジデントのSarah Franklin氏によると、Salesforceは、開発者によるEinsteinの組み込みをもっと容易にしようとしているという。具体的には、画像認識用、感情用・意図用のAPIを含む「Einstein Platform Services」を発表した。


 さらにSalesforceは、Einsteinに焦点を絞った開発者向けの新しいトレーニング用素材を提供していく。AtlassianやGithubと提携し、前者とは迅速な開発トレーニング、後者とはソースコード管理を進展させるとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算