セールスフォース、AIプラットフォーム「Einstein」向けAPIを強化

Larry Dignan Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 合原弘子 (ガリレオ)

2017-06-29 13:47

 Salesforce.comが、400万人以上の開発者の力を借りて、人工知能(AI)プラットフォーム「Einstein」向けのアプリケーション開発を強化しようとしている。

 Salesforceは米国時間6月28日、開発者向けカンファレンス「TrailheaDX」で、Einstein向けの新しいアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)の概要を示した。


 Salesforceは2017年にEinsteinをローンチし、プラットフォームの拡大に着実に取り組んできた。同社の全体的な目標は、企業幹部やデータサイエンティストたち向けにAIを一般化することだ。同社はEinsteinを、バックグラウンドで稼働して様々なクラウドサービスの予測機能を向上できる技術と見なしている。

 Salesforceは、プラットフォーム全体のデータと、企業と顧客間の一般的なやりとりを利用することで、Einsteinに適切な基盤を提供してきた。だが、開発者は今後、自社向けにEinsteinをカスタマイズして、独自モデルのトレーニングを行うことが必要になる。

 「Trailhead」担当ゼネラルマネージャー兼開発者関係担当シニアバイスプレジデントのSarah Franklin氏によると、Salesforceは、開発者によるEinsteinの組み込みをもっと容易にしようとしているという。具体的には、画像認識用、感情用・意図用のAPIを含む「Einstein Platform Services」を発表した。


 さらにSalesforceは、Einsteinに焦点を絞った開発者向けの新しいトレーニング用素材を提供していく。AtlassianやGithubと提携し、前者とは迅速な開発トレーニング、後者とはソースコード管理を進展させるとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]