編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
調査

国内ソフトウェア市場は2021年まで年率4.3%で拡大----IDC調査

NO BUDGET

2017-06-29 16:06

 IDC Japanは6月26日、国内ソフトウェア市場(パッケージソフトウェア、SaaS、PaaSの売上額)の2016年実績と、2017年〜2021年の予測を発表した。

 これによると、2016年の同市場規模は2兆6957億9700万円、前年比成長率は2.2%だった。2017年は前年比成長率3.9%を見込み、2016年〜2021年の年間平均成長率は4.3%、2021年には3兆3342億円規模に達するとしている。2016年は、アプリケーション市場が前年比成長率2.1%、アプリケーション開発/デプロイメント市場が前年比成長率5.3%、システムインフラストラクチャ市場が前年比成長率0.3%となった。


国内ソフトウェア市場予測(2016年~2021年)

 アプリケーション開発/デプロイメント市場では企業のビッグデータに対する取り組みが本格化し、データ管理ソフトウェア市場とアナリティクスソフトウェア市場の高成長が市場をけん引した。アプリケーション市場では、SaaS型の会議アプリケーションやファイル同期/共有ソフトウェアの需要が拡大している。一方、システムインフラストラクチャ市場では、仮想化ソフトウェアとOSの売上減少が影響し、微増に留まった。

 2021年までの各分野の年間平均成長率は、アプリケーション市場が3.3%、アプリケーション開発/デプロイメント市場が6.7%、システムインフラストラクチャ市場が4.1%と予測される。

 2016年以降も高い成長が見込まれるアプリケーション開発/デプロイメント市場についてIDCは、企業のビッグデータに対する取り組みがさらに活性化し、データ管理ソフトウェアとアナリティクスソフトウェアの高い成長が今後も継続していくとしている。また、複数のクラウドサービスやオンプレミスシステムの連携、IoTリューションでのプロセス自動化で必要となるインテグレーション/オーケストレーションミドルウェア市場も高い成長が予測される。

 さらにアプリケーション市場では、人工知能(AI)活用が拡大するに伴い、コグニティブ/AIシステム/コンテンツアナリティクス市場が急速に拡大すると予測される。このほか、CRMアプリケーション市場やシステムインフラストラクチャ市場も成長が見込まれ、セキュリティソフトウェアへの投資も拡大する。システム運用の自動化、Software-Defined Network(SDN)やSoftware-Defined Storage(SDS)の導入も今後本格化し、市場をけん引していくとIDCでは見ている。

 IDCでは、クラウド、ビッグデータ、アナリティクスで構成される第3のプラットフォームが、ソフトウェア市場の成長に大きく寄与しているとし、今後はIoTやコグニティブ/AIシステム、ロボティクスなど、イノベーションアクセラレーターの活用拡大がソフトウェア市場に影響を与えるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]