編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、UWPアプリ作成ツール「Windows App Studio」を終了へ

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-07-04 10:14


提供:Stephen Brashear, Getty Images

 Microsoftがアプリ作成ツール「Windows App Studio」の提供を終了する。これに伴い、開発者に対し、新しい「Windows Template Studio」に移行するよう呼びかけている。

 Windows App Studioは、ビギナーの開発者が「Windows Phone」向けのアプリを一連のウェブベースのテンプレートを利用して簡単に作成できるようにすることを目的に、Microsoftが2013年に提供を開始したツールだ。目的の一つが登場まもないWindows Phoneのアプリ開発を促進することだったが、その後「Windows 10」にも拡大し、ユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)アプリを簡単に作成できるツールとして位置付けていた。

 Windows Template Studioは無料でオープンソースとして公開されており、MicrosoftによるとWindows App Studioの「進化」版という。

 MicrosoftのWindows Apps Teamは、「コード生成エンジンと既存のウィザードから学んだことを生かして、Windows Template Studioではコード生成と開発者体験のための強力な基盤を提供する」と記している。

 Windows Template Studioは「Visual Studio 2017」の拡張機能で、開発プロセスを支援してくれるウィザードベースのUIを使って、開発者はUWPアプリを迅速に構築できる。MicrosoftはWindows Template Studioを5月にリリースしている。

 Microsoftによると、Windows App Studioは米国時間7月15日より、段階的に終了するという。7月15日には、既存のユーザーのみがサインインしてプロジェクトをダウンロードできるようになり、9月15日にはアプリケーションエディタが使用できなくなる。12月1日に完全に終了するため、その前にプロジェクトをダウンロードしておく必要がある。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]