編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ヴイエムウエア「Horizon Cloud」でMicrosoft Azureのワークロードをサポートへ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-05-19 11:07

 VMwareは米国時間5月16日、「VMware Horizon Cloud」が「Microsoft Azure」上の仮想デスクトップとアプリケーションをサポートするようになると発表した

 今回の取り組みにより、Horizon Cloudの顧客はVMwareのフルマネージド型のパブリッククラウドインフラ、Azureのパブリッククラウドインフラ、あるいはオンプレミスのインフラやアプライアンスを顧客側で組み合わせたハイパーコンバージドインフラ(HCI)を選択できるようになる。

 VMwareのエンドユーザーコンピューティング担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるSumit Dhawan氏は「『VMware Horizon Cloud on Microsoft Azure』の追加により、VMwareはさまざまなプラットフォーム間をまたがる柔軟性を備えた仮想デスクトップとアプリケーションを実現し、顧客に複数のインフラ選択オプションを提供するユニークな立場につけることになる」と述べるとともに、「これはVMwareにおけるクロスクラウド戦略の一環であり、2009年に切り開いた『サービスとしてのデスクトップ』(DaaS)というカテゴリにイノベーションをもたらすものだ」と述べている。

 今回の動きは、複数のパブリッククラウドをまたがるマネージド型デスクトップの提供に向けたVMwareの戦略の一環だ。VMwareは2016年10月、Amazon Web Services(AWS)との戦略的提携を締結し、AWSをVMwareベースのサービスをホストするための優先的なパブリッククラウドインフラパートナーと位置付けていた。

 VMwareによると、まずアプリケーションベースのワークロードをサポートした同製品を2017年後半に一般提供し、その後2018年の初めに仮想デスクトップをサポートする予定だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]