「一番の課題はサイロ化」--ヴイエムウェアのCTOが提示したクラウドの今後

日川佳三 2017年04月19日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヴイエムウェアは4月18日、都内で記者会見を行い、プライベート/ハイブリッド/パブリックのそれぞれのクラウドに対する同社の製品戦略などについて説明した。

 米VMwareのCloud & Networking 最高技術責任者(CTO)を務めるGuido Appenzeller氏は、「クラウドの一番の課題はサイロ化だ。お互いに管理方法が異なるAmazon Web Services(AWS)チームやAzureチームに分かれてしまい、クラウド間でアプリケーションを移動させることが難しくなる。VMwareはクラウド間を自由に行き来できるコントロールプレーンを提供する」と語る。


Cross Cloud Architectureでは、複数のクラウドをまたがって共通の手法で管理できるコントロールプレーンを提供する

米VMwareでCloud & NetworkingのCTOを務めるGuido Appenzeller氏

 同社は、複数のクラウド環境を共通の管理手法で利用できるようにする「Cross Cloud Architecture」と呼ぶアーキテクチャを推進している。現状では、VMware製品ユーザーの60%がAWSやAzureなどのパブリッククラウドを利用。2020年には、ワークロードの30%がパブリッククラウドに、残りの70%がプライベートクラウドで動作するとみている。ユーザーの67%は、最終的に複数のクラウドを利用したいと考えているとのことだ。

 また顧客の大半は、オンプレミスなどで動作するプライベートクラウドのユーザーとなる。この領域に対して同社は、サーバ仮想化の「vSphere」、ストレージ仮想化の「Virtual SAN」(VSAN)、ネットワーク仮想化の「NSX」などを提供。これらを統合した「Software Defined Data Center」(SDDC)を実現する製品として「Cloud Foundation」も発表している。

 「現在のSDDCは自動化され、管理しやすくなっている」とAppenzeller氏。その上で、プライベートクラウドにパブリッククラウドを加え、試行したいというユーザーにはクラウド運用ソフトの「vRealize Automation」を用意し、業務の一部をパブリッククラウドにブランチアウトできるようにしていると説明する。

 また、ワークロードをできるだけパブリッククラウドに移行したいユーザーには、「vCloud Air Network(vCAN)パートナー」と呼ぶ、VMwareベースのクラウドサービスを手がけるサービス事業者との協業に注力している。VMwareベースのクラウドサービスであれば、オンプレミス環境とvCANパートナーのクラウド環境との間で、自由にアプリケーションを移動できるという。

 vCANパートナとは異なるが、直近ではAWS(Amazon Web Services)もパートナになった。サービス名称はVMware Cloud on AWSで、AWSのインフラ上に用意したベアメタルサーバの上でVMwareのソフトウェア群を動作させ、これをIaaS型クラウドサービスとしてVMwareが販売する。


VMware Cloud on AWSは、AWSの物理インフラを用いてVMwareのクラウドサービスを提供する

 一方でAWSやAzureなどのパブリッククラウドを最優先に考慮する「クラウドファースト」志向のユーザーもおり、同社はこうしたユーザーに対して、「Cross-Cloud Services」という複数のクラウドを一元的に管理する機能をSaaS型で提供する。

 Appenzeller氏によれば、Cross-Cloud Servicesによって、例えば、どのクラウドでどのアプリケーションが動いているのか、各クラウドにどれだけ料金を支払っているのか、クラウド間を移動するとどのくらい料金が変わるのか、などが分かる。


運用管理SaaSのCross-Cloud Servicesを使うと複数クラウドを一元的に管理できる。例えば、どのクラウドでどのアプリケーションが動いているのか、各クラウドにどれだけ料金を支払っているのか、などが分かる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算