編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「日本企業は復活する可能性」VMwareゲルシンガーCEOが語る新たな収益源

怒賀新也 (編集部)

2017-04-28 07:45

 米VMwareの最高経営責任者(CEO)を務めるPat Gelsinger氏が来日し、2020年を見据えたビジネスモデルなどの事業環境について説明する記者向けのブリーフィングを4月26日に開催した。

 VMwareは4月4日、パブリッククラウドサービス「VMware vCloud Air」事業を、フランスのクラウドプロバイダーOVHが買収する意向であると発表した。

米VMwareの最高経営責任者(CEO)を務めるPad Gelsinger氏
米VMwareの最高経営責任者(CEO)を務めるPat Gelsinger氏

 vCloud Airについて、パブリッククラウドサービスにおいてAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureといった最大手と直接競合するのは規模の観点で得策ではないとの判断が以前からあった。

 一方で、パートナー経由でサービスとしてのvCloud Airを提供する「vCloud Air Networkは成功した」とGelsingerは強調。IBM、富士通、ニフティ(現在は富士通クラウドテクノロジーズ)、インターネットイニシアティブ(IIJ)、ソフトバンクなどのパートナーの名前を具体的に挙げている。

 Gelsinger氏は2020年に向けて、70億の個人や企業および600億のデバイスがインターネットに接続するようになり、オンラインでの製品販売による売上比率が半数近くになる世界が来ると予測。「デジタル変革」を支えるインフラとして、VMwareが提供するデータセンター向けのサーバやネットワーク仮想化ソフトウェア、さらにIoTやモバイルデバイス管理などエンドポイント管理製品の重要性が増すと話した。

 ソフトウェアをベースとするVMwareのアーキテクチャの今後として、「ネットワーク刷新と5Gへの対応」「新しい収益源」「シンプル、優れた拡張性、セキュアなIoT」の3つのキーワードを挙げている。

 ネットワーク刷新と5Gへの対応では「vCloud NFV 2.0」、新たな収益源としてはモバイル管理の「AirWatch」、IoTでは富士通との協業による自動車業界向けソリューションなどを具体的に示した。

 モバイルやIoT端末の増加が見込まれる中、エンドポイントやエッジコンピューティングの重要性を指摘したGelsinger氏。前日の夜(編集部注:初出時、当日朝という事実と異なる記述をしておりました。お詫びして訂正いたします)富士通の田中達也社長と話したという同氏は、ゲートウェイを介して多数のモノをつなげ、データを活用してビジネスをつくり出すという時代の流れの中で、「日本企業が復活(resurgence)する可能性がある」とコメントした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]