編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
VMWorld

ヴイエムウェア、パブリッククラウド「vCloud Air」を強化

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-09-02 10:25

 VMwareは、同社のパブリッククラウドサービス「VMware vCloud Air」に複数の新サービスを追加した。今回新たに追加または強化されたサービスは、「Air Disaster Recovery」「vCloud Air Object Storage」「vCloud Air SQL」の3つ。

VMware vCloud Air Disaster Recovery Services:Air Disaster Recoveryに、クラウドベースの単一のオーケストレーションコンソールと、オンプレミスおよびオフプレミスのあらゆるリソースを統合的に保護する機能が追加された。主な機能拡張は以下の通りだ。

  • Disaster Recovery OnDemand:VMwareは、VMware vCloudAir Disaster Recoveryに従量課金制の料金モデルを追加する。このモデルでは、顧客は保護対象の仮想マシン(VM)ごとの定額使用料と、各VMが消費するストレージ量に応じた料金を支払う。災害復旧テストの実行時や災害復旧の発生時には、稼働するVMが消費するコンピューティングリソースにのみ課金される。
  • Site Recovery Manager Air:Site Recovery Manager Airはサービスとしてのソフトウェア(SaaS)であり、vCloud Air Disaster Recoveryの利用者に対して、事業継続と災害復旧の計画を一元的に設計、テスト、運用、オーケストレーションするための、包括的な管理ソリューションを提供する。VMware vCloud Airで保護されるVMアプリケーションやデータセンタの、迅速で信頼性の高い、統合的な復旧を可能にする。

VMware vCloud Air Object Storage:このサービスは、拡張性、信頼性、費用対効果の高い非構造データ向けの2つのストレージサービスからなる。

  • GoogleによるVMware vCloud Air Object Storage:このサービスは「Google Cloud Platform」を利用しており、「Google Cloud Storage」をベースにしている。これらのGoogleのサービスは、vCloud Air OnDemandと統合されている。
  • EMCによるVMware vCloud Air Object Storageは、EMCの「ViPR」をベースにしている。このサービスはベータ版であり、「EMC Cloud Service」を利用して提供され、vCloud Air OnDemandと統合されている。このサービスは簡単に設定可能で、高い耐久性と可用性を備えている。

VMware vCloud Air SQL:これは新たに提供されるサービスとしてのデータベース(DBaaS)であり、拡張性が高い、クラウドホスト型リレーショナルデータベースに簡単にアクセスできるよう設計されている。DMBSにはMicrosoftの「SQL Server」を利用する。ほかのリレーショナルデータベースにも対応する予定だ。

 VMwareはこのサービスで、オンプレミスのデータベースをシームレスかつ安全にクラウドに拡張できる、費用対効果の高いハイブリッドデータソリューションを提供するとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]