編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Docker交えソフトウェア定義データセンター展開--米ヴイエムウェア幹部

大河原克行

2015-07-31 08:22

 VMwareが取り組むSoftware-Defined Data Center(SDDC)などの現状について、米VMware Software-Defined Data Center部門 EVP兼GMのRaghu Raghuram(ラグー・ラグラム)氏が来日し、報道関係者を対象に説明した。

 Raghuram氏は「クライアント/サーバから、クラウドとモバイルの時代に移りつつある」と切り出す。だが、多くの企業ユーザーは、20年間蓄積してきたものを捨て去ることはできず、いまある技術をモダナイズして、将来への道筋をつくることが必要という。

 これを支援することにビジネス機会があり、実現するための具体策が「ワンアプリケーション、エニイデバイス、エニイアプリケーションによるSoftware-Defined Data Centerだ」とした。

米VMware Software-Defined Data Center部門 EVP兼GMのRaghu Raghuram氏
米VMware Software-Defined Data Center部門 EVP兼GMのRaghu Raghuram氏

 同社では、SDDCをさまざまなアプリケーションを自動化しながら利用でき、管理できる新たなITアーキテクチャと位置づける。データセンター、クラウド、モバイルデバイスのすべてに迅速に展開できる。

 「新しいビジネス要求に迅速に対応するため、より優れたセキュリティ、可用性、迅速なサービスの提供とコスト削減を実現するのがSDDC。vSphereによる仮想化を、コンピューティングからネットワーク、ストレージにまで拡張し、データセンターのサービスの構成や管理も実現できる」とする。

 また、今年前半には、SDDCに関する数多くの製品を発表。第1四半期に、データセンターの取り組みの基盤であるvSphere 6を発表。vSphere with Operations Management 6、vSphere Virtual SAN 6とvSphere Virtual Volumesを公開し、これらをvCloud Suiteとしてまとめている。

 さらに、OpenStackをVMwareの上で稼働させ、コンテナ技術も利用できるようにした。vSphere上に構築したハイブリッドクラウド基盤であるvCloud Airによって、既存のワークロードやサードパーティ製アプリケーションに加え、新しいアプリケーションの開発もサポートする基盤ができ、さまざまなユースケースに対応できるようにする。

 SDDCでは、VMware API、OpenSatck API、Cloud Foundry API、Open Container APIを提供。さらに、アプリケーションの保護は、ネットワーク仮想化基盤である「NSX」を通じて提供する。

 「CAPEX減少、オペレーション環境の簡素化、マイクロセグメンテーションによるアプリ保護、事業継続の実現、Suiteの提供によるアプリの俊敏性を向上という5つのメリットを提供できる」(Raghuram氏)

 さらに、SDDCはスケールアップ、スケールアウトに対応できるのも特徴とする。「SAP HANAの稼働にもSDDCが向いている。中には、大規模なHadoop環境を稼働させている例もある。SDDCは、管理性を高め、セキュリティを担保する。単に統合した環境を提供するのではなく、可用性、セキュリティの両方からアプリを保護することに力を注いでいる」と指摘した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]