編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Watsonで金庫内の事務問い合わせ支援システム構築--朝日信用金庫

NO BUDGET

2017-07-14 08:41

 朝日信用金庫は、IBM Watsonを活用し、金庫内の事務問い合わせ支援システムを構築した。7月11日、日本IBMが発表した。同システムの構築には、日本IBMとローレルバンクマシンが支援を行っている。

 事務問い合わせ支援システムでは、営業店から事務手続等に関する電話問い合わせを受けた本部の担当者が、音声認識技術でPC上に自動入力された内容を、「チャット形式」か「検索形式」、あるいは「両方式」を選択して対応するもの。IBM Watsonが質問の意図を理解して、学習した事務規定から膨大なデータを網羅的に探し、回答候補を画面上に提示する。

 新システムは、7月10日に稼働を開始した。IBM WatsonのSpeech to Text機能を用いて音声で検索内容を入力し、Conversation機能によってチャット形式での自然な会話を行う。また、Retrieve & Rank機能により、膨大な情報の検索とランク付けを実施している。

 朝日信用金庫では、今後、本部・営業店でのIBM Watsonの活用を拡大していく予定。例えば、営業店端末から職員が直接同システムに問い合わせたり、営業係が外訪先で事務手続等を問い合わせできる環境の構築に取り組んでいく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]