Gartner Summit

AI活用のセキュリティ対策にユーザーはどう向き合うべきか--ガートナーの提言

國谷武史 (編集部) 2017年07月14日 06時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人工知能(AI)の活用では、その1つにセキュリティ対策が挙げられている。従来のセキュリティ対策では、高度化、複雑化し続けるサイバー攻撃などの脅威を防げず、その打開策としてAIの活用が注目され、AI技術を強みに掲げるベンダーも増えてきた。AI型のセキュリティ対策が今後の主流になるのか、それともブームで終わるのか――。ガートナー ジャパンが開催した「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2017」では、米Gartner リサーチ ディレクターのMark Horvath氏が解説した。

AI型セキュリティの現実

 昨今のセキュリティ市場では、対策にAIを活用することで、「従来の技術では見つけられない未知のマルウェアを検知できる」、あるいは「巧妙な標的型攻撃を防げる」といった期待をユーザーに抱かせるようなマーケティングメッセージが散見される。

Gartner
Gartner リサーチ ディレクターのMark Horvath氏

 Horvath氏は、シグネチャ型のウイルス対策といった現在のセキュリティ技術には、一定の信頼性があるものの、技術が古くなり始め、脅威の高度化とともに通用しなくなりつつある現状から、AIへの期待値が高まっていると指摘する。ただ、AIがマーケティング用語として過度に使われ、誇大表現とも受け取られかねないメッセージも目立つ。

 同氏は、ユーザーがAIをセキュリティ対策に取り入れる上で、(1)そもそも本当に価値があるのか、(2)自社に適したAI型の製品をどう見極めればいいか、(3)AIのメリットを享受するために変化しなければならないのか――が論点にあると語る。

 Gartnerでは、AI型のセキュリティ機能をうたうベンダーが現在の10%から2020年には40%に増えると予測しており、Horvath氏は、ユーザーはAIがセキュリティの主流になるのかを批判的に評価しなければならないという。

 「この予測が実現するには、今後ベンダー同士の競争が激化することで、AIが当たり前になることや、それによってユーザーがAIを今以上に利用しやすくことが考えられる。一方で、AIのセキュリティ対策を正しく実行できる人材がいないことや、AIがあらゆる問題に適用できるものではないといった点から、この予測が実現しないこともあり得る」(Horvath氏)

 AI型のセキュリティ対策が今後主流になるかを見極めるには、まずAIの基本的な性質を理解しなければならないというのが、Horvath氏の観点だ。

 Horvath氏によれば、AIとして括られる各種技術はそれぞれに得意な分野があり、その多くが「学習」とトレーニングの繰り返しを必要とする。そもそも「学習」にはデータが必要で、そのデータをどう管理していくのかも考慮しなければならない。「AIを活用できるかは、まず学習モデルを試し、実際のデータでモデルを実行し、その結果を評価し、トレーニングのデータを構築するフィードバックのループに依存する」(Horvath氏)

 例えば、マルウェアの検知に機械学習を活用したい場合、まずはマルウェアのサンプルデータで学習し、学習で得た検知のアルゴリズムを自社の実際のデータに適用して検証する。その結果を評価し、「このケースではマルウェアの可能性は何%にする」といったさまざまなパラメータを設定していく。攻撃手法などは常に変化することから、パラメータが陳腐化しないように、常にトレーニングを重ねてアルゴリズムを変化させ続けないといけいない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算