編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

デルが女性起業家アプリの開発支援で学んだこと

末岡洋子

2017-08-18 07:30

 機械学習の用途はさまざまだが、DellがCircular Boardと組んで女性起業家を支援するAIサービスを構築した。その名も「Alice」。起業という”Wonderland(不思議の国)”に足を踏み入れた女性たちの、成功に向けたナビゲーション役を目指す。傘下のPivotalを利用し、4カ月でローンチにこぎつけた点も注目だ。

 Circular Boardは女性起業家向けのアクセラレータープログラムを展開するスタートアップ。創業者のCarolyn Rodz氏自身、女性起業家であり、起業は3社目だ。これまでの失敗を含む経験、そしてCircular Boardでのアクセラレータープログラムを通じて、女性起業家が共通の課題を抱えていると感じた。

 「自分自身が最初の起業で感じたことが、エコシステムとの結びつきがないという点。Aliceでは、自分が起業した時にあったらよかったのにと思うものをそろえた」と語る。女性起業家が必要とする投資や人脈、関連する情報にフォーカスして、必要なものを得やすくする。男性でも使えるが、女性と男性では起業家の成功要因は異なるため、「女性起業家向け」と銘打っている。


Aliceのダッシュボード。右上の「TALK TO ALICE」から、音声入力もできる。英語のみだが、対応言語も増やして行くと言う。

 Rodz氏がAliceのアイデアを持ち込んだのはDellだ。DellはCSR活動として女性起業家を支援しており、Rodz氏は年次イベント「Dell Women’s Entrepreneurship Network(DWEN)」に3年前に初参加、Dellなら賛同してくれると感じた。

 Dell Technologiesの社内起業家、Elizabeth Gore氏はもちろん大賛成だった。そして、傘下企業のPivotalに持ちかけた。Pivotalの最高経営責任者(CEO)、Rob Mee氏は二つ返事で賛成、即座にチームを組み、Circular Boardとの共同作業がスタートした。2107年1月のことだ。

 Pivotal Labsはアジャイル開発と顧客の手厚い支援で知られており、Circular Boardとも製品の設計から開発、テストと横に座って同じ画面を共有しながら作業した。コードの作成だけでなく、ユーザーテスト、リサーチなども共同で行ったと言う。小さな男の子を抱えていたRodz氏は、Pivotalのある西海岸に子連れで短期間滞在、子供を連れてPivotal Labsに通いながら完成させた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]