編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

グーグル、「Compute Engine」のローカルSSD価格を値下げ

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-08-10 10:57

 Googleは米国時間8月8日、「Google Compute Engine」のオンデマンド仮想マシン(VM)用SSDの価格を引き下げたと発表した。

 同社はさまざまなクラウドサービスの価格を引き下げてきているが、今回はCompute Engineにおける375GバイトのローカルSSDの価格を最大63%引き下げたという。このSSDはVMをホストしているサーバに物理的に直接接続されており、高帯域幅かつ高IOPSが可能となっている。

 この値下げにより、ほとんどの米国リージョンではオンデマンドインスタンス向けのローカルSSDを1Gバイトあたり月額8セントで利用できるようになった。なお、顧客は1つのVMインスタンスに対して最大8個のローカルSSDを接続できる。

 課金は実際の利用に応じて1秒単位となるものの、ローカルSSDは375Gバイト単位での購入となる。このため、375GバイトのローカルSSDを月額30ドルで契約した場合、ほんの少しの利用であっても1時間あたり約4.1セントという料金となる。

 またGoogleは今回、「プリエンプティブルVM」用SSDの価格も最大71%引き下げている。プリエンプティブルVMインスタンスは、24時間を超えてインスタンスを存続させることができないものの、安価にパブリッククラウドを使いたいという顧客の要望に応えるために2015年に導入された。


提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]