編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

自動車ビッグデータの連合艦隊--Intel、トヨタ、NTTらで結成

ZDNet Japan Staff

2017-08-10 13:54

 米IntelとEricsson、デンソー、トヨタ自動車、トヨタIT開発センター、NTT、NTTドコモは8月10日、「Automotive Edge Computing Consortium」(AECC)の創設を発表した。自動車分野のビッグデータ向けネットワークやコンピューティングの基盤づくりを目指す。

 AECCは、高度な車両制御やリアルタイムデータを用いた地図の生成、クラウドによる運転支援といった、コネクティッドカーのサービスに必要な基盤を推進する。Intelによれば、2025年にはコネクティッドカーとクラウド間で毎月10エクサバイトのデータが送受信され、膨大なデータを処理できる基盤が求められるという。

 コンソーシアムでは、エッジコンピューティングや効率的なネットワーク構成技術などを利用して、コネクティッドカーとクラウド間における大容量通信と計算処理を可能にする基盤を確立する。また車載機器の新たなユースケースの開発やその要件定義も行い、関連標準化団体やコンソーシアム、ソリューションプロバイダーとの連携にも活用していく。

 各社では今後数カ月にわたり、世界の企業や研究機関にコンソーシアムへの参加を募る。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]