Android端末を狙う「BankBot」広がる--日本IBMが注意喚起

ZDNet Japan Staff 2017年08月10日 16時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは、「BankBot」と名付けたインターネットバンキングを狙うトロイの木馬(バンキングトロイ)への注意を呼び掛けた。20種類以上の正規のAndroidアプリを装う手口でGoogle Playから配信されたという。

 同社によると、BankBotの攻撃者は、まず照明アプリやビデオ視聴アプリ、ゲームアプリなど一見無害なアプリをGoogle Playから配布する。次に、ユーザーがインストールしたこれらのアプリをアップデートさせ、その際にBankBotのマルウェアモジュールを密か組み込む。

 これによってアプリがバンキングトロイに変化し、ユーザーの端末から認証関連の情報を盗み取られる。攻撃者は、盗んだ情報を使ってインターネットバンキングへアクセスし、正規のユーザーになりすまして不正送金などの行為に及ぶ。

 IBMは、攻撃者がGoogle Playを悪用することで、ユーザーに怪しまれることなく、マルウェアの土台となるアプリを簡単かつ大量にばらまくことができ、情報の窃取とインターネットバンキングへの攻撃を別々に行うことで、ユーザーに気付かれることなく、目的を達成できると解説する。

 似た手口はこれまでもあったが、現在のGoogle Playでは、マルウェアモジュールを含むアプリのアップロードがブロックされ、仮にアップロードされてもすぐに削除される。Google Play以外のサードパーティーのアプリストアで拡散させるにも、まずユーザーをアプリストアに誘導する手間があり、攻撃者によっては非効率的になった。そこで、先に正規アプリとしてGoogle Playへ登録し、更新機能で後からマルウェアを組み込む方法を編み出した。

 現在のBankBotは、主に欧米圏で拡散している。ユーザーの端末が旧ソ連の国々で稼働している場合は、BankBotが作動しないという特徴も見つかった。大半のアプリは既にGoogle Playから削除されたものの、一部は残像している可能性があり、IBMが順次Googleに通報しているという。

BankBotが含まれるAndroidアプリの一例(出典:日本IBM)''
BankBotが含まれるAndroidアプリの一例(出典:日本IBM)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算