編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Windows 10のアンチウイルスソフト問題に決着--MSが対応改善

ZDNet Japan Staff

2017-08-16 12:06

 Microsoftは、次期「Windows 10 Fall Creators Update」でサードパーティーのアンチウイルスソフトに対するサポートを改善すると表明した。Kasperskyは、欧州委員会(EC)やドイツ、ロシアの規制当局にMicrosoftに対する申し立てを行っていたが、これを取り下げ、15日までに決着したもようだ。

 この問題は、MicrosoftがWindows 10に同社のWindows Defenderをバンドルすることが、サードパーティーのアンチウイルスベンダーに損害を与えると、Kasperskyが主張していたもの。Windows 10ではメジャーアップデート時に互換性のないアンチウイルスソフト製品の無効化とWindows Defenderへ変更をユーザーに通知するが、Kasperskyは、Microsoftのこうした施策が独占禁止法に抵触する疑いがあるとして、2017年6月までにECやロシア、ドイツの規制当局に相次いで申し立てを行った

 MicrosoftのWindows エンタープライズ&セキュリティ パートナーディレクターのRob Lefferts氏は、9日に公開したブログで、「Kasperskyなどのアンチウイルスベンダーとの連携により、Windowsユーザーの安全性を継続的に確保する方法を共有する」とコメント。具体的には、2017年秋にリリースする「Fall Creators Update」から以下の施策と実施すると表明した。

  • Windows製品のアップデートに伴うアンチウイルス製品との互換性の検証に時間を費やす
  • アンチウイルスベンダーへWindows 10の機能アップデートに関する情報を事前に提供する
  • アンチウイルスベンダーがユーザーに対し、有効期限の前後に独自の警告や通知、更新を提供可能にする
  • Windows 10でアンチウイルスソフトの有効期限が切れたユーザーに対し、既存製品を更新するか、その他のソリューションに変更するのか継続的に通知する仕組みを導入する
提供:Microsoft''
提供:Microsoft

 Microsoftの表明を受けてKasperskyは、Fall Creators Updateからの新たな取り組みを評価し、Microsoftとのサイバーセキュリティにおけるパートナーシップを推進するとの声明を発表。併せて各国での申し立てを取り下げ、15日にロシア当局が事案をクローズしたことで、一連の問題が決着したとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]