「MongoDB」に再び大規模ランサムウェア攻撃--約2万6000件の被害

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年09月07日 10時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3つのハッカー集団が先週末、約2万6000の「MongoDB」データベースのデータを消去し、被害者に復元料を要求した。

 1月、セキュリティが脆弱なMongoDBインスタンスに対する大規模攻撃が発生したが、今回のMongoDBに対する一連のランサムウェア攻撃は、それが復活したことを意味する。今回の攻撃は、セキュリティ研究者のVictor Gevers氏とNiall Merrigan氏によって発見された。

 現在起きている攻撃は、Gevers氏と同僚研究者のDylan Katz氏によって追跡されている。彼らは、「MongoDB ransacking」(MongoDB略奪)と命名されたGoogleスプレッドシートを随時更新している。それによると、「cru3lty@safe-mail.net」というアドレスを使用するグループは、2万2000以上のMongoDBインスタンスのデータを消去したという。

 このグループは全ての被害者に対して、「あなたのデータは、われわれが預かっている。あなたのデータベースは、われわれのサーバにバックアップされている。データを復元したければ、0.15ビットコインを送金せよ。IPアドレスと決済情報を電子メールで送信せよ。決済情報が書かれていないメッセージは無視する」というメッセージを残した。

 現在の交換レートでは、0.15ビットコインは約7万5000円に相当する。

 「wolsec@secmail.pro」という電子メールアドレスを使用する別のグループは、消去した3500のMongoDBデータベースに関するメッセージを残している。

 「データを復元したければ、0.05ビットコインをビットコインアドレスに送金し、IPをわれわれの電子メールに送信せよ。データ流出があったことを、ユーザーや顧客に知られたくはないだろう」

 今回の一連の攻撃で、身代金を支払った被害者はほとんどいない。Cru3ltyは計0.6ビットコインを受け取っており、支払いを受けた唯一のグループである。

 Gevers氏によると、Krakenと呼ばれるグループが1月に数百の被害者を攻撃して11ビットコインを受け取った後、自らのランサムウェアキットをほかのハッカーに売ったという。


提供:MongoDB

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算