編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

グーグル、企業の「Android」デバイス向けに「zero-touch enrollment」リリース

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-09-25 11:19

 Googleは米国時間9月21日、企業における「Android」搭載デバイスの配備を容易にする新機能「zero-touch enrollment」(ゼロタッチエンロールメント)の提供を開始したと発表した。これにより、企業はAndroid搭載デバイスを従業員に配布する前にその設定を完了できるようになる。

 この機能により、従業員は手作業でデバイスの設定をする必要がなくなり、企業ポリシーへの確実な準拠も保証される。Googleの製品マネージャーであるJames Nugent氏は公式ブログで、「エンドユーザーに余計な作業を要求しないため、サポートもかなり容易になる。エンドユーザーはサインインして、自らの作業アプリとデータにアクセスするだけだ」と述べている。

 Verizonは、同日より米国内で「Pixel」端末にゼロタッチエンロールメントの提供を開始している。今後米国ではAT&T、Sprint、T-Mobile、欧州ではBTやDeutsche Telekom、アジア太平洋地域ではソフトバンクやTelstraが提供する予定。

Googleが企業のAndroidデバイス向け「zero-touch enrollment」

 一方、「VMware AirWatch」のほか、BlackBerry、MobileIron、IBM、SOTI、そして「G Suite」など、エンタープライズモビリティ管理(EMM)ソフトウェアがさまざまなプロバイダーからも提供されており、企業は設定やデバイスのポリシーを指定することができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]