編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

フジテレビ、社内ネットワークを刷新--約5000台の端末を動的に通信制御

NO BUDGET

2017-10-02 18:07

 フジテレビジョンは、新たな社内ネットワークを6月30日から稼働開始している。従業員が利用する約5000台の端末を動的に通信制御する。日本IBMとシスコシステムズが9月29日に発表した。

 「Cisco TrustSec」を活用したソフトウェア定義型セグメンテーションにより、従来のIPアドレスに基づいた静的な通信制御ではなく、ユーザー属性に基づいた動的な通信制御が可能になった。

 ネットワークの管理ポリシーが一元化されるため、セキュリティの運用強化や運用管理の負荷軽減につなげられるとしている。将来のクラウド活用に向けたネットワークの最適化にも対応する。

 社内ネットワークの刷新により、従業員は社内のどこからでも一貫したポリシーに基づいて社内システムを利用できるようになり、利便性や効率性が向上した。

 今後は、通信データの振る舞い分析から感染端末を検出・特定する「Network as a Sensor」(NaaS:センサとして機能するネットワーク)や、怪しい振る舞いを自動で制御・隔離する「Network as an Enforcer」(NaaE:エンフォーサーとして機能するネットワーク)の導入を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]