PDF Report at ZDNET

働き方改革で注目--「在宅ワーク」の落とし穴はこう避ける

PDF Report@ZDNET

2017-10-24 12:00

 “働き方改革”の一環として「在宅勤務制度」を導入する企業が増えている。政府も2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置付け、積極的に推進している。最新調査では、在宅勤務を許可している企業は、許可していない企業に比べて、離職率が低くなるという結果も出ている。

 在宅勤務制度は、雇用者と従業員の双方に大きな利点をもたらし得る。その一方で、公私の切り分けや、上司・同僚・顧客とのコミュニケーション、情報セキュリティの確保といった課題も懸念されている。

 例えば、自宅で仕事をしているとプライベートとの境目が曖昧になりがちだ。周囲に気が散るものが多く、仕事に集中できないという声もある。業務の進め方などにも工夫が必要になるだろう。

 在宅勤務に関する最新の調査結果と、在宅勤務者が陥りがちな落とし穴についてまとめた。在宅勤務制度の導入を考えている企業や労働者の参考にしてほしい。

「在宅ワーク」の落とし穴はこう避ける

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]