海外コメンタリー

「Windows 10」アップデートに見る--MSが展開するハードとソフト、その方向性

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2017年10月20日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Surface Book 2」と「Windows 10 Fall Creators Update」では、どちらが先だったのだろうか。

 Microsoftの説明を信じれば、この2つ(それに最新版の「Office ProPlus」)は密に連携を取りながら設計されたことになる。

Surface Book 2
提供:Microsoft

 同社の担当者は、米国時間10月17日に発表されたSurface Book 2を開発する過程では、プログラマーからデータサイエンティスト、ゲーマー、オフィスワーカーまで、あらゆる「クリエイター」が魅力を感じるプラットフォームを作るために、Windows and Devices GroupとOfficeチームが協力したと述べている。

 それはなぜ、どのように行われたのだろうか。

 Microsoftの役員は、テレメトリデータを調べた結果、同社のデバイスの中で、週あたりのOffice利用時間がもっとも長いのはSurface Bookであることが明らかになったと述べている。このため同社は、Surface Book 2を作るにあたって、オフィスワーカーがペンを活用できる仕組みを豊富に組み込みたいと考えたのだという。

 もう1つ例を挙げてみよう。ビッグデータを利用し、処理するためにはパフォーマンスが非常に重要になることから、Windows and Devices GroupはSurface Book 2の処理能力を最高水準のものにしたいと考えた。これはプロのエンジニアやゲーマー、複合現実(MR)に関心を持つ人たちなどについても言えることだ。

 (この説明で、今回のアップデートが「Fall Creators Update」と呼ばれている理由が少しは理解しやすくなった)

 Microsoftのデバイス事業を率いるPanos Panay氏は、「Surface Book 2はクリエイターのために設計された」と述べている。「これは、未来を作ろうとしている人たちのためのノートPCだ」

 Panay氏は10月上旬に、われわれ記者を集めて、新しいSurface Book 2に関する説明を行った際、Microsoftは以前とは根本的に異なるやり方でWindowsやハードウェアを開発していると語っている。同氏のチームは、Microsoftの最高経営責任者(CEO)Satya Nadella氏が好んで話しているように、ハードウェアは「ソフトウェアのためのステージになる」ものだと考えているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算