編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

ヤマト運輸と日立製作所、運行データの活用で安全運転教育を高度化

NO BUDGET

2017-11-07 07:40

 ヤマト運輸と日立製作所は、運行データの利活用による安全運転教育のさらなる高度化に取り組むと発表した。

 ドライブレコーダーとデジタルタコグラフを一体化した通信機能を持つ新たな車載端末を、2018年11月より、ヤマト運輸の全集配車両約3万6000台に順次搭載していく。


今回の取り組みの概要

 新たな車載端末は、速度や駐車位置情報などに加え、ドライブレコーダーで得られる走行映像やGPSアンテナからの情報を収集する。この情報を基に作成した走行軌跡などの運行データをクラウド形態の情報基盤へ、自動かつリアルタイムに転送・蓄積する。また、ヒヤリハット体験箇所の登録の自動化や運転開始・終了設定の省力化、OTA(Over The Air)の対応による車載端末のソフトウェア更新の自動化も可能。

 運行データは一元管理し、可視化・分析を実施する。これにより、安全指導長などがセールスドライバーの運転特性をより具体的に把握し、一人ひとりの運転特性に応じた未然防止型の安全運転教育を行う。

 将来的には、車両の故障予兆診断による整備計画の効率化などにも活用していく。また、自治体や外部企業などとデータ連携し、新たな高付加価値ビジネスの創出に向けて、幅広く検討していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]