編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

ディノス・セシール、カート離脱客に紙DMを発送--購入率を約20%向上

NO BUDGET

2017-11-06 07:20

 通信販売会社のディノス・セシールは、「EC」と「紙」を連携させた新たな顧客関係管理(CRM)を2018年4月に本格稼働させる。その第一弾として、運営するECサイト「ディノスオンラインショップ」において、カートに商品を入れても購入に至らない「カート離脱」の顧客に対し、最短24時間で紙のダイレクトメール(DM)を印刷・発送する取り組みを始める。

 顧客がオンラインショップで商品をカートに入れても購入しない場合、その顧客データや検討商品の情報を吸い上げ、紙のDM印刷データとして処理。顧客個別の検討商品内容を反映したパーソナライズDMを、カートに商品を投入後、最短24時間で印刷・発送する。

新たなCRM施策のイメージ
新たなCRM施策のイメージ(出典:ディノス・セシール)

 この仕組みを支える印刷機として、デジタル印刷機「HP Indigo」とインクジェットデジタル輪転機「HP PageWide Web Press」を導入。製版を不要とした可変印刷を可能としている。小ロットから大ロットまでのパーソナライズ印刷に対応する点も評価された。

 また、オンライン上の顧客行動データと印刷処理の自動連携については、グーフがデータ連携基盤を提供している。

 ディノス・セシールによると、2017年9月末から2週間、テスト運用したところ、メールだけを送った顧客に比べ、紙DMも発送した顧客の購入率の方が約20%向上した。今後は、DM形式以外の紙媒体での活用も想定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]